東都紙器ジャーナル

東都紙器ジャーナル

2016年11月に経営力向上計画の認定を受けました。

東都紙器工業は、2016年11月に経営力向上計画を策定し、中小企業庁関東経済産業局長より認定を受けました。

kojyo経営力向上計画は、中小企業が生産性の向上、経営力の向上を図り、持続的な成長をとげるために実施する取り組みを記載した事業計画です。

多様化するニーズの中で今後ますます、多品種小ロット、高付加価値化、低コスト、短納期という顧客の要望に応えるためには、さらに一歩進んだ生産性向上が必要だと考え、経営力向上計画を策定しました。

その一環として2017年には次のような取り組みを実施する予定です。

<暗黙知を形式知へ変換する取り組み>

いままで熟練技術者に頼ってきた部分をマニュアル化して、スタッフで共有することで高品質化の推進と製品コストの削減を図ります。

<さらなる品質向上への取り組み>

設備の導入や生産ラインの見直しにより、異常時対応方法の暗黙知を形式知化し、さらなる品質向上を図ります。

 

2017年は現状に満足することなく、こうしたチャレンジを続けて行きたいと考えています。

課題もいろいろあった2016年でしたが、思いがけず嬉しいこともありました。2004年にホームページを開設し、コツコツと改良を続けた結果、多くのお問い合わせをいただけるようになりました。 そして、ホームページの取り組みについて東京商工会議所(「ICT活用事例集vol.3」に掲載されました)や「月刊カートンボックス」からの取材を受けたことで、今までの取り組みが評価された嬉しさとともに、今後どのようなことに挑戦していくべきか改めて考えるきっかけを与えてくれました。

“箱作り”を応援するビジネスマッチングマガジン月刊カートンボックス1月号には弊社の記事が掲載される予定です。ぜひご覧ください。

来年も引き続きよろしくお願いいたします。

記事検索

お問い合わせ

03-3631-3376

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ