東都紙器工業について

東都紙器工業について

ニーズに応じた化粧箱・パッケージのご提案で、お客様の売上増加に貢献して参りたい―

弊社は昭和36年の創業以来、化粧箱・パッケージの企画製造メーカーとして、包材の機能性や価格面の改善策、新商品の企画における箱の形状や紙質、印刷方法の提案など、様々な業界のニーズにお応えしてきております。

昨今では製品の多品種・少量販売の傾向が強くなってきておりますが、大手印刷会社が対応できない小ロット、ローコストでの製造や短納期にも柔軟に対応しております。また、医療機器や医薬品・食品・化粧品等、高い品質が求められる業界にも対応できるよう品質を第一に考えた製造管理を行なっております。

化粧箱・パッケージは、いわば商品の顔であり、商品の第一印象を与える重要な役割を担っています。箱の形状やデザインを変えたことで、商品の売り上げが増加した事例もございます。弊社はニーズに応じた化粧箱・パッケージのご提案で、お客様の売上増加に貢献して参りたいと考えております。

会社概要

商 号 東都紙器工業株式会社
創 業 昭和36年4月1日
資本金 10,000,000円
役員構成 代表取締役 中澤 稔
専務取締役 保坂英夫
従業員数 15名
事業内容 高級美術印刷、紙器、プラスチック箱、ラベル、包装紙などの企画、製造及び販売
主取引銀行 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、朝日信用金庫、東京シティ信用金庫
加盟団体 東京紙器工業組合、東京商工会議所
商 号 東都紙器工業株式会社

東都紙器工業外観

所在地

東京都墨田区菊川3-3-18
TEL:03(3631)3376  FAX:03(3631)9727
交通:都営新宿線菊川駅A4出口より徒歩8分

沿革

昭和36年4月 東京都墨田区に中松製作所として、紙器加工業創業開始。
昭和39年4月 中松製作所を株式会社に変更し、中松紙器株式会社と改称。
昭和42年9月 社名を東都紙器工業株式会社に改称。
昭和45年3月 現在地に本社社屋完成(事務所及び工場)。
昭和54年5月 本社隣接地に墨田商品センター新設。企画、印刷及び製作の一貫した営業体制を展開。
昭和63年12月 東京都江戸川区に江戸川商品センターを新設。
平成3年12月 千葉県市川市に市川商品センターを新設。
平成8年7月 Macintosh2台導入、企画から製版までの効率化をはかる。
平成16年9月 本社隣接地に墨田商品センター第2倉庫、第3倉庫を増設。
平成17年3月 弊社ホームページを開設。
平成17年7月 CAD/CAMシステムを導入、化粧箱のサンプル作成の効率化をはかる。
平成18年2月 業界紙『板紙・段ボール新聞』の“企業訪問”に弊社が紹介される。
平成20年12月 本社ビル2階事務所改装。
平成25年7月 弊社ホームページリニューアル。

機械設備

自動給紙打抜機
自動給紙打抜機:
タナベ CS―50(最大用紙寸法 750mm×1000mm)

自動平盤打抜機
自動平盤打抜機:
IIJIMA JF―600 Cutter Aud Creaser
(最大用紙寸法 490mm×660mm、最小用紙寸法 230mm×300mm)

ビクトリア打抜機
ビクトリア打抜機:
IIJIMA(最大用紙寸法 650mm×900mm)

サックマシン
サックマシン:
タナベ MODEL35G―650(最大展開寸法 670mm×500mm)

DTPシステム
DTPシステム:
Mac Pro、Power Mac G4

CAD/CAMシステム
CAD/CAMシステム
Artios CAD/CAM



お問い合わせ

03-3631-3376

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ