東都紙器ジャーナル

東都紙器ジャーナル

東都紙器の新しい仲間をご紹介します!

今回は東都紙器に新たに入社した社員、渡部進さんをご紹介します。

2020年10月より、弊社の社員として共に働く渡部さんは、抜き加工の豊富な経験を持つスペシャリスト。東都紙器で働くようになってどのような感想を持っているのか聞きました。

Q.数ある会社の中で東都紙器を選んだ理由は?

渡辺:機械を使いこなす仕事が性に合っていて、長年やってきた抜き加工をもっと極めたいという気持ちがあり、貼りの業務も経験したいとも思っていました。いろいろな機械を使ってみたかったので、年代ものから最新のものまで、機械を幅広く取り揃えている東都紙器に魅力を感じました。また、ホームページの求人情報にある社員のコメントを見ると、わきあいあいと仕事をしているのが伝わりました。面接でも穏やかな雰囲気だったので、この会社で働きたいと思いました。

Q.実際に入社してみた感想は?

渡部:下請けではなく、クライアントと直接契約をしてものづくりをしているため、作ったものに対してお客様の反応がダイレクトに伝わり、やりがいがあります。また、納期を自社でコントロールできるので、時間的にも気持ち的にも余裕を持って作業ができ、品質を高め事故を防止できるというメリットがあると感じました。
スタッフのみなさんの向上心も高いと感じています。新しく入った私の意見にも耳を傾けてくれ、積極的に業務に取り入れてくれます。自分で意見を出して、職場を良くしていくのはとても嬉しいことです。また先輩の作業の手際が鮮やかで、まさに職人芸。職人を尊敬する社長の考え方にも感銘を受けましたし、モチベーションも高くなりました。

Q.お休みの日は何をしている?

渡部:食べるのが大好きなので、食べ歩きをするのが好きですが、最近はコロナ禍の影響でままならなくて残念です。社長からも、歓迎会できなくてごめんねと言われました! みんなと美味しいものとお酒を囲み、会食できる日を楽しみにしています。

Q.今後チャレンジしてみたい仕事は?

渡部:将来は多能工になりたいと思っています。ひとりの職人が多くの機械を使いこなせるようになれれば、生産全体の効率化を図れます。先ほどもお話ししましたが、今後は貼り加工に挑戦したいですね。先輩職人に教えてもらって、技術力をさらに高めていきたいです。

経験豊富で高い意欲を持つ渡部さんが新たに加わったことで、弊社にとっても良い刺激となり、切磋琢磨しながら技術を磨く環境づくりができました。渡部さんが目指す「多能工」は、東都紙器としても付加価値の高いものづくりをするために目指していきたいもの。紙箱づくりのエキスパート集団として、今後もさらなる顧客満足度の向上のために技術を高めていきたいと考えています。

記事検索

お問い合わせ

03-3631-3376

お問い合わせフォーム

コスメ用パッケージ・紙箱なら「化粧箱JP」へ

採用情報 共に働くスタッフを募集しています

ページの先頭へ