東都紙器ジャーナル

東都紙器ジャーナル

商品のファンづくりをサポート。トライアルセットの箱作りとは

昨今、化粧品メーカー様を中心に、トライアルセット用化粧箱のご相談・ご依頼を多くいただいております。トライアルセットに使用する紙箱は、商品の「第一印象」を決める大きな役割を果たします。東都紙器では、メーカー様の大切な商品へのファン獲得に少しでも貢献できるよう、また、梱包や配送といった管理面での利便性等もふまえ、お客様に適切な化粧箱をご提案しています。

トライアルセットに使用する紙箱には、「組立箱」や「郵便対応の簡易箱」の形状があります。どのようなものがあるのかご紹介していきましょう。

商品の高級感を演出し、ブランドを訴求する組立箱

トライアルセットでは、組立箱が主流です。

特に化粧品のセットでは、中敷きを商品の形に合わせて形取る紙箱が多くなります。

小さな商品を見栄えよく箱に収めて高級感を演出するのはもちろんのこと、輸送時に中に入っている商品が飛び出さないように保護する狙いもあります。

写真ではわかりづらいかもしれませんが、商品に合わせた空洞の底部だけわずかに突起をつけています。これは商品を動かないよう固定する工夫です。


また、トライアルセットに収められる商品は、それぞれ容器の厚みが違います。厚みの違いを吸収できるように上げ底を付けることもあります。

また、トライアルセットで使われることが多いフタの種類は次のようなものがあります。

・スリーブ


筒状のフタと組立式の身箱で構成されています。筒状のフタをスライドして中身を取り出します。中身を手で引き出す動作が高級感を演出する効果があり、ブランド品によく使われます。

・フタ付き組立箱


フタと身箱が一体となったタイプのものです。フタを開けて中身を見るという、まるで宝箱を開けるようなワクワク感を演出することができます。また、フタの裏に商品の使い方の説明や、商品の魅力を記載することもできるのも魅力です。

送料の負担を軽くするための郵便対応の簡易箱

トライアルセットで悩みの種となるのが送料です。コスト削減のため、商品に合わせて郵送可能なギリギリの大きさの箱を設計し、メール便対応の箱を作ることも可能です。

東都紙器では商品の魅力を最大限に引き出し、ブランド力を高める紙箱作りをお手伝いしています。お気軽にご相談ください。

記事検索

お問い合わせ

03-3631-3376

お問い合わせフォーム

紙製ハンガーディスプレイボード

ページの先頭へ