医療機器・医薬部外品関係

医療機器・医薬部外品関係

医療機関などに納品する医療機器関係にはオートマチック形式の紙箱が主に使用されます。紙質も低価格のコートボール紙・ノーコートボール紙がよく使われ、実用性に重きを置いた紙箱となります。印刷もシンプルとなるケースが多く、コストパフォーマンスに優れた化粧箱が好まれています。 一方ドラッグストアやホームセンターの棚に並んでいる医薬部外品は、手に取りやすく、見栄えのする形状が求められ、印刷もビジュアルを重視した紙箱となります。また化粧箱の輸送や納品・商品パッキング時の使いやすさを考慮した化粧箱設計をご提案しています。

東都紙器工業では、中に入る商品の見栄えはもちろん、陳列方法や輸送方法・納品方法などを考慮し、印刷や表面加工を含め最適な化粧箱をご提案いたします。また、生産は完全受注で行っており、特定の型やサイズの既製品はありません。まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

03-3631-3376

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ