品質へのこだわり

品質へのこだわり

化粧箱の目視検査

当社では、化粧箱・紙箱への強い企画力、そして熟練の職人による確かな技術が強みとなります。さらに、品質管理にも強みがあります。

化粧箱を印刷するにあたり、インクは室温の変化、そして印刷機の稼働が長くなることによる印刷機自体の温度の変化で色が微妙に変化いたします。
こちらを均一の色となるように随時調整をしていきます。もちろん、インクの種類ごとの特性、そして調合した場合の変化などを熟知した上で印刷をいたします

当社では現在、品質管理部門を増員し製品のチェックをしております。いわゆる「目視検査」となります。機械の自動検査では判断できない微妙な変化にも人間の感覚では対応できるため、当社では目視検査で品質管理をしております。

印刷では随時、色の調整をしておりますが、オフセット印刷の特性上、徐々にではありますが調整しても色の濃淡が変化していきます。こちらを目視検査でもって、良品の範囲でお客様に納品いたします。

どのような製品が製作可能につきましては「形状で探す」をご覧ください。

 

東都紙器工業では、中に入る商品の見栄えはもちろん、陳列方法や輸送方法・納品方法などを考慮し、印刷や表面加工を含め最適な化粧箱をご提案いたします。また、生産は完全受注で行っており、特定の型やサイズの既製品はありません。まずはお気軽にご相談ください。

 



お問い合わせ

03-3631-3376

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ